旅行会社社員の旅行記~チェコ編~

FLIXBUSに揺られること3時間半、オロモウツはチェコ第5の都市で、人口10万ほどです。

 

 

プラハや世界遺産のチェスキークロムルフなどは国の東側のボヘミア地方で、オロモウツやを含めた西部はモラヴィア地方と呼ばれ文化圏も異なります。


駅前まで歩みを進めると、タクシーと値段交渉。というのも今日は郊外の見所を回るため、本数が少なくダイヤも不安定なバスや列車を使うより、多少高くても効率よく回れるのです。(それでも日本よりは大分安いですが。)

まず、訪れたのはドラクエ8のCMの舞台にもなったボウゾフ城です。小高い丘の上に建つ城で、周囲には人家も少なくタクシーできて正解だったようです。
売店で買ったホットワインをいただきながら紅葉が色付いてきた楓の林を進むと、趣のある朱色の屋根が姿を現します。


まるでゲームの中から出てきたような、CMの舞台になるのも納得の趣ある雰囲気です。

 


ここからオロモウツ中心街を通り過ぎて反対側の山間に建つホーリーヒル(聖なる丘)を目指します。


残念ながら一部工事中で人もまばらでしたが、チェコを代表するカトリックの聖地で、過去にはローマ法王も訪れたこともあるようです。

 


夕方には市内をぶらっと散策し、世界遺産の三位一体の塔など旧市街を回りました。

 


———————-

翌日、列車で世界遺産のレドニツェ城とヴァルチツェ城へ向かいます。

 


それぞれの城が近いためセットで回ることができます。
趣の異なる城は庭園とともに見ごたえがありますが、今回のメインは隣町のオーストリアとの国境に近い小さな町、ミクロフです。

 

 

 

ミクロフは日本語のガイドブックにはあまり取り上げられることがないものの、旅好きの間では有名な隠れスポットの綺麗な町で、世界遺産のチェスキークルムロフほど人もおらず、見所も狭いエリアに集中しているので便利です。


ここにはオロモウツとは異なる「ホーリーヒル/聖なる丘」があり、ここから町を一望できます。
ミクロフに着いたのが夕方だったので、翌朝丘に登りましたが、なんと目覚めると町一面霧で覆われ100m先は何も見えない状態に…。


その後山頂で数時間粘ってなんとか一時的に霧の切れ間に数枚撮れましたが、普段見られるであろう町の全景は最後まで見ることが叶いませんでした。

 


後ろ髪を引かれる思いで、泣く泣く列車の時間が来てしまったので一路ブダペストへ向かいます。