旅行会社社員の旅行記~ウラジオストク→ハバロフスク移動編~

ウラジオストクからハバロフスクへ移動する日になりました。

ホテルの朝食(食べ過ぎなくてちょうどいい味です)後にキタイスキー市場に一緒に行ったガイドさんが来てくれて空港まで送ってもらいました。
本当に良いお兄さんでした。

空港内のこのジェラート屋さんはお勧めです。
マシュマロ入りのがお気に入りです。全旅程中で一番おいしい食べ物でした。
ウラジオストクの空港を利用される方は絶対にこれを召し上がっていただきたいです。

 

 

 

 

念のためにスーツケースをラッピングしてもらいました。
自分のだと分かりやすいように、追加料金で好きなシールを貼ってくれます。
ネズミを選びました。合計で500ルーブル(当時1000円くらい)もしませんでした。

 


チェックイン後にまたさっきのジェラート屋があったのでまた食べました。
今度は紫色の何かの味でしたがおいしかったです。

 

 


ウラジオストクからハバロフスクのフライトは1時間くらいです。
今回も小さな機材でした。
近いせいか、あまり高いところを飛ばないので雲の中を進んでいきます。
私はこの状況を【ラピュタくらいの高さ】と呼んでおり、揺れが多い時は一層それっぽくなり、変な管で会話してみたくなります。
着陸時に牛や馬が何頭か見えました。
到着したハバロフスクの空港は本当に小さくなにもありませんでした。

 

 

 


町自体がウラジオストクよりもさらに小さいせいか
市街地までタクシーで20分くらいです。
ここもウラジオストク同様日本の中古車が多いので
下記の画像のようなことになっていました。
右ハンドルで右側通行だとバスなどを追い抜く時に首がえらいことになっています。