旅行会社社員の夏休み~マルタ~

 

■ヨーロッパへは是非エミレーツで

 9月にマルタに行ってきました。かねてより行ってみたいと思っていた国なので、ようやく念願がかないました。マルタは地中海にあるシシリア島の南東にある小さな島国です。人口は約40万人、国土は316k㎡。シェンゲン協定に加盟しておりユーロ圏内です。
 日本から直行便はなく、乗り継いで行くしかありません。今回はエミレーツ航空でドバイ乗り換え、ラルナカ経由と約14時間のフライトでした。エミレーツ航空に乗ったのは初めてですが、エコノミーでもシートピッチが広く座席についている画面サイズも大きく、機内エンターテイメントも充実していました。とりわけ有難いと思ったのは、ほとんどの映画に日本語吹替えがついていたことでした。最近はわかりませんが、以前は日本発の場合日本語対応していても乗り継ぎ以降も日本語対応のエンターテイメントを備えている航空会社はあまりなかった気がします。
 今回はドバイ以降でも映画を見ることが出来たので退屈せずにすみました。欲を言えば日本語字幕だったらより嬉しいですね。サービスも充実していました。最初におしぼりが配られ、それから機内食のメニューが配られます。こちらも英語、アラビア語、日本語と見ることが出来て事前に食べたいものを選んでおく事ができます。
 また、更に特筆すべき事は今回離着陸合わせて12回あったのですが、そのうちの11回は大変スムーズで丁寧でした。エミレーツ航空のパイロットはよく訓練されているのだと感じました。世界中の航空会社の中でも、常に上位の評価を得ているエミレーツ航空、ヨーロッパへのご旅行の際には、是非ご利用になさってみてください。

■地中海に浮かぶ島 マルタ

 マルタの空港はとても小さく、入国管理もスムーズに通過出来ました。空港に着いた時、驚いたのが飛行機からターミナルまでバスに乗り空港まで移動するのですが、同機に乗っていた日本人の若い女性がスマホでポケモンgoをやっていました。マルタに来てまで、ポケモンgo・・・マルタでしかget出来ないポケモンでもいるのかと自分のスマホでつい見てしまいましたが、日本でも取れるポッポしかいなかったので、そっと閉じて、マルタの旅を満喫する事にしました。
 今回はスリーマ地区という、観光客で賑わう場所にホテルをとりました。スリーマ地区までは空港からバスも出ていますが、はじめてでしたのでタクシーで行きました。空港で乗れるタクシーは前払いで、行先に対して値段がすべて決められているので安心して乗れます。ただ、タクシーの運転手さんは割と荒い運転でした。
 マルタではバスが主な交通機関として利用されており、島の隅々までバスで行くことが出来ます。島も小さい為、バスで2時間も乗れば中心部から島の端っこまで行くことができます。運賃は時間制で、距離に関係ない為あまり費用はかかりません。旅行者なら、割引パスもあるのでそれを利用すれば気兼ねなく何度もバスに乗ることができます。

 

■マルタの世界遺産

 さて、マルタには小さいながらも、3つの世界遺産があります。「ハル・サフリエニ・ハイポジウム」「ヴァレッタ旧市街」「巨石文化時代の神殿群」今回はヴァレッタ旧市街を見に行きました。ヴァレッタはマルタの首都で石畳の道が続き、観光客で賑わっていました。気温も暖かく、天気もいい為オープンカフェがそこら中にあり旅行気分を盛り上げてくれます。
 マルタには5日間いましたが、親切な人も多く、ゆっくりとした時間が流れていて、とてもリフレッシュする事ができました。