旅行会社社員の夏休み~台北/シンガポール/沖縄編~

 

■旅の裏ワザ!オープンジョーと途中降機

 この夏休みは、航空券の特徴を活かして、台北・シンガポール・沖縄を周遊しました。皆様は、途中降機(ストップオーバー)、オープンジョーと言う言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあるけど・・・という方もいらっしゃると思いますので、簡単にご紹介します。
■途中降機(ストップオーバー)
 乗り継ぎの空港にて、その都市に入国・滞在することです。
 例)アシアナ航空にて、バンコクに向かう途中に、乗り継ぎ空港のソウルで1泊する。
 乗り継ぎ空港の空港税等は徴収されますが、観光が出来る分お得感があります。
■オープンジョー
 往路の到着空港、復路の出発空港を異なった空港にあらかじめ設定することです。
 例)カタール航空にて、往路:ミラノIN 復路:ローマOUT
 現地の着、発地点間はお客様ご自身での移動とそれにかかる手配が必要となりますが、周遊をされたい方にはオープンジョーはオススメです。
 また、日本国内のオープンジョーも可能です。
 例)アシアナ航空にて、往路:成田発、復路:関西着

■今回のプランは、、、

 今回の私の旅行では、チャイナエアラインで、台北・シンガポール・沖縄が周遊できるように、日本国内のオープンジョー・途中降機を組み合わせた航空券にしました。
 1日目 成田/台北(台北1泊)
 2日目 台北/シンガポール(シンガポール2泊)
 4日目 シンガポール/那覇(台北経由・那覇3泊)
 7日目 那覇/羽田→日本国内線は別手配。
 *航空会社・航空券の種類によっては、途中降機・オープンンジョーができない航空券、又は、追加料金がかかるものもありますので、ご注意ください。
 *写真はいずれも台北市。

■台北編

 台北では1泊(翌日は早朝のフライト)の為、やりたいことは最初から決めていました。
 まず、最初は有名なかき氷店へ!マンゴーとタピオカミルクティー味のかき氷を・・・とても贅沢なおやつでした。
 そして、台北101に夜景を!突然のゲリラ豪雨であまりきれいに見えませんよと説明はありましたが、地上90階からの夜景は素晴らしかったです。
 そのあとは屋台街へ。あまり食事をすることはできませんでしたが、ビールのおつまみがたくさんあったので、次回はゆくっり旅行したいと思います。
 最後にホテルの近くで足裏マッサージに行ってきました。
2,000円~3,000円程度で本格的なマッサージを受けられることも台湾の良いところだと思います。

■シンガポール編

 初めてのシンガポール、主要観光地を駆け足でまわりました。 国土が広くないため、2泊でも充分に楽しめるかと思いますが、個人的にはあと1泊は滞在して、少しゆっくりすごしてみたかったです。
 ここで、今回私が訪れた観光スポットをご紹介します。
・マリーナベイサンズ
 皆様ご存知の屋上にプールがあるホテル。 屋上プールは宿泊者のみ利用可能です。 夜にプールに行きますと、とても混んでいましたが、早朝6時に行くと、貸切状態で夜景を楽しめます(日の出は7時くらいなので)。
・チャイナタウン
 フードコート、屋台(ホーカー)、飲食店がたくさんあります! 以前、当社のFBにも出てきましたが、 名物のチリクラブを、お安く楽しめます! (私が頼んだ時は、2名分の少し大きめのチリクラブが、70ドル/日本円で6,300円ほどでした) また、タイ、インドネシアなどの料理を1度に楽しめますので、ビール好きの私としては、毎週通いたくなるような場所です。 (お食事のみでも充分にお楽しみいただけます)
・ユニバーサルスタジオ・シンガポール
 セントーサ島にあり、USJより、小規模です。 ほとんどのアトラクションを5時間程で制覇できます! (混雑具合にもよるかと思いますが) 外は暑いので、ビールが本当においしく頂けます。! 室内のアトラクションは、寒いくらいにクーラーが効いていますので、冷え性の方は羽織れる服を持っていかれることをお勧めします。 個人的には、トランスフォーマー、3Dのアトラクションが迫力があり、楽しめました。

■沖縄編

 今回の旅行のメイン!沖縄。 しかし、8月下旬、台風直撃となり、予定していた離島には行けず・・・
 こういったハプニングも、私は、旅行の楽しみだと考えています。 沖縄らいしことといえば、パラセーリングをなんとか予約して、できたことくらいでしたが、、、。
 地元の友人と毎日、お酒を飲み、充実した時間を過ごすことができました。