新型コロナウイルス検査キット



新型コロナウイルスの検査には3種類の方法があります。
当社では自宅で安価に検査ができるキットの販売をしております。
いずれも確定診断をするためのキットではございません。即座に医師の診断が必要な場合はかかりつけ医や保健所にご相談ください。
新型コロナウイルス感染症に関する検査について(厚生労働省)

▼「現在感染しているか」を調べる~PCR検査~
▼「現在感染しているか」を即座に調べる~抗原検査~
▼「過去に感染していたか」を調べる~抗体検査~
▼各検査キットの比較表を見る





PCR検査 ~「現在感染しているか」を調べる

ウイルスの遺伝子を増幅させて検出させる検査方法です。
検査をした時点で体内にウイルスが存在するかを調べることができます。
正しく検体を採取できた場合の感度は約70%と比較的高いです。
たまたま検体採取をした場所にウイルスが存在しなかった場合は陰性になってしまいます。
逆に、体から排出されるウイルスの残骸に反応して陽性となってしまうこともあります。
また、検体を検査場に送って検査をするため、即応性に欠けるところがあります。

●安価な自費検査
PCR検査 唾液採取用検査キット
単品:2,800円(税込) 20個セット:54,000円(税込)


●医師による確定診断や陰性証明が必要な場合
Tケアクリニック(自由診療)


抗原検査 ~「現在感染しているか」を即座に調べる

各ウイルスが持つ特有のたんぱく質(抗原)を検出する検査方法です。
10~20分で検査結果がわかることが最大の利点ですが、PCR検査ほど精度は高くありません。
また、ある程度ウイルスの量が多くないと検出できないため、発症していない方の感染を確認することには向きません。

抗原検査キット
【小分け】単品:2,800円(税込)【残り2個 在庫限り】※単品販売は終了いたします
【小分け】10個セット:29,500円(税込) ※1回分ごと袋に分けたものです。(メーカーで包装したものではありません)
【箱】10個セット:28,500円(税込) ※メーカー出荷時の姿です。箱の中に5回分の資材がまとめて入っております。


抗体検査 ~「過去に感染していたか」を調べる

ウイルスに感染すると生成されるたんぱく質(抗体)を検出する検査方法です。
抗体ができるまでには数日から数週間程度の時間が必要なため「現在感染しているか」を調べることができません。
ワクチンを打った後、抗体ができた場合にも陽性となります。
極少量の血液で検査をすることが可能で、最短5分で結果が確認できます。

※新型コロナウイルスワクチンの効果測定に利用できるかの検証は行われていません。

抗体検査キット
単品:2,800円(税込)【残り5個 在庫限り】※単品は終売いたします
10個セット:28,500円(税込)


各検査キットの比較

PCR検査キット 抗原検査キット 抗体検査キット
特徴 ウイルスの遺伝子を検出する ウイルスのたんぱく質(抗原)を検出する 血液中のたんぱく質(抗体)を検出する
メリット 精度が高い(約70%) すぐに結果がわかる 過去の感染と免疫の確認ができる
デメリット すぐに結果がわからない PCR検査より精度が低い 現在感染しているかはわからない
結果判明までの時間 最短でポスト投函の翌日午後
(輸送状況と検査所の混雑状況に依る)
約10分 約10分
検体 唾液 咽頭拭い液 血液