私たちはあっと驚く旅、あったらいいなと思う旅、好奇心をくすぐる旅をプランニングし丁寧に正確に手配致します。

更新日:2016.02.15

旅行会社社員の秋休み ~カンボジア編~ 第一話 《四話完結》

カテゴリー:アジア, 海外, 社員旅行記

アジア随一の世界遺産「アンコール遺跡」

 11月。あるテレビ番組を観たのをきっかけに興味が沸き、ふとカンボジアへ。カンボジアは言わずと知れた世界遺産「アンコールワット」を中心に数々の遺跡があり、近年、日本人には堂々の海外旅行人気国になっておりますが、果たして何がそんなに日本人を引き付ける魅力なのか?知りたい。そんな思いも抱きながら日本を発ちました。

 

 

 11月ということで日本は寒かったので到着後、晴天と温かさに感動。この時期のカンボジアは日本の夏のような気候です。 カンボジアにはアンコールワットをはじめ数百以上の遺跡があり、いまだ発見されていない遺跡も数々、存在するとされています。

 

 

 まずは遺跡を巡ってみることに。チケット販売所は遺跡ごとに併設されてはおらず専用の料金があり、そこで自身にあった日数のチケットを購入します。このチケットでシェムリアップ周辺の遺跡を廻る事ができます。テレビや雑誌では何回も見た事はあったものの、実物を目の前で見てみると、迫力、雰囲気に圧倒され、カンボジアの歴史については詳しくはありませんが、なんとも言えない感情が込み上げてきました。

 

 

 到着も遅かった為、この日はアンコールワット、バイヨン、タ・プロームを観光し、宿を探しに。シェムリアップには遺跡群の観光以外にも「パブストリート」と呼ばれる飲食店が並ぶストリートがあります。近年、観光業はシェムリアップにおいて大きな経済効果をもたらしているそうで何と言ってもこの通りのハイライトは夜。昼間のカンボジアとは違う別の一面を見る事ができま す。

 

 

 様々な種類の飲食店が並び様々な国籍の人々が夜のネオン街の中、音楽が流れており、道では人種を問わず踊っている人がいたり、遺跡観光とは別の素晴らしい世界を作り出しています。私はこの近くに宿を取ることに決め、夜のカンボジアを堪能しに。

 

 

「私が宿を始めた5年くらい前はこの通りにはお店は一切なかった、ここ近年の急成長はすごい。」と宿のオーナーは言っていました。アンコール遺跡群がどれだけシェムリアップひいてはカンボジアの経済発展に貢献しているのか、この国における観光業の重要性を感じました。(おお)

 

※写真はクリックで拡大

flexblog20160215rep1-1 flexblog20160215rep1-2 flexblog20160215rep1-3 flexblog20160215rep1-4

 

社員プロフィール

icon_man

・20代男性

・卓球が得意

 

 

 

 

現地までの格安航空券

料金 有効期間 片道/
往復
■往復(帰国便変更不可):FIX
ご購入後は一切の変更ができない航空券です。
■往復(帰国便変更可):FIXOPEN
現地にて帰国便の変更が可能な航空券です。変更の際、手数料がかかる場合がございます。
■片道
日本発の片道のみの航空券です。目的地への入国の際、査証(ビザ)が必要となりますのでご注意ください。
出発地 タイトル 航空会社 訪問
都市
オプション
21,800 3日1ヶ月 FIX 羽田 《羽田発着》★ 中国南方航空 ★<早割7> 東南アジア指定都市(1) 2泊~1ヶ月以内FIX航空券 中国南方航空 2都市
  • 直行便
  • 子供料金
  • 時間帯
25,800
32,800
3日1ヶ月 FIX 羽田 《羽田発着》★ 中国南方航空 ★ 東南アジア指定都市(1) 2泊~1ヶ月以内FIX航空券 中国南方航空 2都市
  • 直行便
  • 子供料金
  • 時間帯
26,300 2日1ヶ月 FIX 成田 * ★ 香港航空+香港エクスプレス ★ シェムリアップ他 1ヶ月以内FIX航空券 <成田発着> 香港航空 3都市
  • 直行便
  • 子供料金
  • 時間帯

※上記航空券代のほかに日本出発空港施設使用料、現地空港税、燃油サーチャージ、航空保険料等が別途必要となります。





カテゴリー選択: