私たちはあっと驚く旅、あったらいいなと思う旅、好奇心をくすぐる旅をプランニングし丁寧に正確に手配致します。

更新日:2015.09.11

ルワンダ・スタディーツアー9日間 帰国報告

カテゴリー:アフリカ, 海外, 社員旅行記

皆様こんにちは!
今回のスタディーツアーにフレックスインターナショナルから同行した濱田と申します。

まずは、9日間の行程が無事、終了致しましたことをご報告申し上げます。

 

 

帰国便のキガリ~ドーハ間で遅延があり、ドーハ~成田間の便が1日遅れてしまうというハプニングで実質10日間となりましたが、全体として良いツアーだったと感じています。

ツアー中に訪問した施設は合計で7か所ほどあり、そのどれもが個人では訪れることが出来ない、また、訪れることが難しい場所でした。

 

 

アフリカで起きている、世界が注目している問題に映像ジャーナリストとして最前線で活躍をされている大津司郎さんと、タイ等の比較政治学を専門とし拓殖大学で教鞭を執っている甲斐信好教授。

その道のスペシャリスト達と行動を共にし、意見を交わし、思い出を共有できたことは非常に贅沢で貴重な体験でした。

 

今回参加して頂いた学生の皆様や、社会人の皆様もそれぞれに個性が光る方が多く、またそのことを知ることができたのも、一緒に現場を見聞きできたことが大きいと感じています。

それぞれの現場で知り得た「現実」は非常に重く、日本で知り得る情報がどれほどの薄さだったのかを思い知らされました。今回のツアーで得られた経験は非常に多くあります。それは各々の参加者も感じていることと思います。

 

最後に、この企画を提供して頂きアフリカとその問題を考えるきっかけをくれた大津司郎さん。大学教授でありながら、とても気さくに、しかし非常に行き届いた配慮をして頂いた甲斐信好教授。そして今回、ツアーをご一緒出来た参加者の皆様に深く感謝を申し上げて、ツアー終了報告とさせて頂きます。

 

 

■訪問地の一覧
<キガリ>
タマラ教会
ジェノサイド博物館
アヴェガ・アガホゾ
RDRP(Rwanda Demobilization and Reintegration Program)本部
ムトボ除隊センター
日本大使館

 

<ルヘンゲリ>
ゴリラ観光基地及び、周辺の村
キブ湖

 

<コンゴ民主共和国>
ヒールアフリカ

 

<お会いできた政府要人>
ムリガンデ元駐日大使
(現在はカガメ大統領の側近としても活躍中)

 

■集合写真
左から
・アヴェガ・アガホゾ
・在ルワンダ日本大使館
・ヒールアフリカ(コンゴ民主共和国)

 

flexblog20150911std1-1 flexblog20150911std1-2 flexblog20150911std1-3


カテゴリー選択: