私たちはあっと驚く旅、あったらいいなと思う旅、好奇心をくすぐる旅をプランニングし丁寧に正確に手配致します。

更新日:2015.03.12

海外出張でのネット利用、Wi-Fi接続はどうするの?

カテゴリー:海外旅行マメ知識

インターネットの普及によりビジネスシーンが変化しています。

 

会議がインターネットを通して行われる、リアルタイムで書類が送信されるなど、それまで手間や時間がかかっていたことがスピーディーに行えるようになりました。

 

今ではパソコンやスマホがないと仕事にならないという人が多く、それは海外出張時も同様だと言えます。ここでは、海外出張時のインターネットの利用方法について紹介します。

 

海外出張でネットを使うシーンについて

 

これまで何度も海外出張をこなし、語学もペラペラ、土地勘もあるという方でない限り、海外出張は不安なもの。

 

分からないことが即座に調べられるインターネットは、海外出張時の強い味方です。

 

取引先やホテルまでの道が分からないときはGPS搭載の地図アプリが便利ですし、外国語でやり取りする場合は翻訳機能が役立ちます。

 

また、写真や書類などのデータを現地からリアルタイムで送信できます。時差がある場合でも、電話と違って送信時間に気を使う必要がない点も大きなポイントです。

 

海外でインターネットを利用する方法

 

ビジネスをスムーズに進めるためには、海外でも日本と同じようなインターネット環境を整えることが求められる時代です。

 

海外でインターネットを利用するには、国際ローミング通信か、Wi-Fiルーターを使用しなければなりません。2つの特徴は下記の通りです。

 

・国際ローミング通信

国内で契約している通信事業者を介し、滞在国の提携事業者の設備を利用して通信します。

 

大手携帯3社は、「海外使い放題プラン」、「海外パケットし放題」などの定額プランを用意しており、S社を例にすると、一日の利用料は25MB以上で2,980円と、国内のプランよりも割高となっています。

 

通話はプランに含まれていませんので、別途料金が発生します。

 

・Wi-Fiルーター

 

Wi-Fiとは、アメリカに本拠を置く業界団体によって国際標準規格が設けられた「無線LAN」の規格のひとつです。

 

国際ローミング通信のように契約している通信事業者を介さず、滞在国のWi-Fi設備を利用して通信します。

 

海外にも日本と同様にホテルやカフェなどのWi-Fiフリースポットがありますが、利用することによってIDやパスワードなどの個人情報が盗まれる場合があります。

 

安心してWi-Fiを使うためには、あらかじめパケット定額制の海外用Wi-Fiルーターをレンタルすることをおすすめします。

 

Wi-Fiルーターはどこで準備する?

 

Wi-Fiルーターは、インターネットなどで手軽にレンタルすることができます。

 

また、成田空港、羽田空港、関西空港などの主要国際空港にはレンタルショップがありますので、事前に準備することができなかった場合は、出発前の待ち時間を利用してレンタルすると良いでしょう。

 

ルーターはとてもコンパクトなので、容易に持ち歩くことができますし、複数の国で使用できるものもありますので、国をまたぐ出張にも対応可能です。

 

レンタル料金は通信容量によって異なるため、渡航先でどの程度インターネットを使用するのかを基準にしてプランを選びます。

 

旅行先での情報や、海外出張時の連絡手段として欠かせないインターネットの利用方法、現地で慌てないように事前にしっかりと確認しましょう。

 

なお、通信事業者が提供しているメールにはWi-Fi経由では送受信できないものもありますので、ヤフーメールなどのフリーアドレスを用意しておくと安心です。

 



カテゴリー選択: