私たちはあっと驚く旅、あったらいいなと思う旅、好奇心をくすぐる旅をプランニングし丁寧に正確に手配致します。

更新日:2015.03.09

海外旅行に行くならいつが安い?ベストシーズンとは

カテゴリー:海外旅行マメ知識

海外旅行に行くならいつが安い?ベストシーズンとは

国土交通省観光庁によると2013年度の海外渡航者は1,747万人と報告されています。

しかし海外旅行に行きたいと思っても、長期休暇の時期は満席になるのが早いですし、料金設定が高くて手が出ないと言う方も多いでしょう。

そこで今回は、海外旅行をお得に楽しむためのベストシーズンについて紹介します。

 

金額の高い時期と安い時期はいつ

多くの人が旅行に出かける盆休み、ゴールデンウィーク、年末年始は運賃が最も高騰します。また、三連休や大学生の春休みにあたる2~3月も高めに設定されます。

日本発着便については、日本の航空会社だけでなく海外の航空会社も同様に高騰する傾向にあります。

逆に言えば、繁忙期や準繁忙期を外した4月初旬~中旬、ゴールデンウィーク以降~7月中旬、連休以外の9月~1月中旬の平日出発が狙い目です。

特に年末年始を外した12月~1月は運賃が最も安い時期だと言われていますので、有給休暇などを自由に取得できる人はこの時期に旅行すると良いでしょう。 

 

渡航先によって違いは?

海外旅行をする際に気を付けなければいけないのは、渡航先の繁忙期と閑散期。

例えば日本と季節が正反対のオーストラリアでは、12月~2月がベストシーズンとなるため、日本では閑散期でも旅行料金が高くなる傾向があります。

また、ブラジルのリオのカーニバルは2月中旬に開催されるので、その期間は世界中から人が押し寄せます。ハワイでは毎年12月の第二日曜日にホノルルマラソンがあるため、スポット的に旅行料金が高騰します。

お得に海外旅行を楽しむためには、日本だけでなく渡航先の繁忙期についてもチェックする必要があります。

 

渡航先のベストシーズンを調べてお得な旅を!

「みんなが行かないときに行く」というのがお得に海外旅行するためのセオリーですが、閑散期にはツアーの設定がなかったり、雨季や厳冬期などで現地の気候が不安だったりと、旅行を存分に楽しめない可能性があります。

しかし、渡航先で何をするのかによって、気候がどの程度影響するかが変わってきますので、まずは旅行の目的を明確にすると良いでしょう。

 

・リゾート系

日本人に人気の高いハワイは一年中気候が安定しているイメージがありますが、11月から3月は雨期であるため、リゾート気分を満喫したいのなら4月から10月がおすすめです。

しかし、雨季だからといってまったく晴れないわけではないですし、海で泳ぐこともできます。

むしろホエールウォッチングは雨季だけの楽しみですし、この時期だけに発生するノースショアのビッグウェーブは、腕に自信のあるサーファーを魅了します。

同じハワイでも、何を楽しむかによってベストシーズンが異なるのです。

 

・テーマパーク系

フロリダのディズニーランドは、ディズニーファンのみならず、多くの人が一生に一度は訪れたいと思う場所です。

クリスマス時期は華やかな装飾が施されますのでベストシーズンだと言えますが、人が多ければアトラクションの待ち時間も長くなります。

ただでさえすべて見るのに一週間はかかると言われている大型のテーマパークですので、混雑はできるだけ避けた方が良いでしょう。

日本~アメリカの航空券が底値となる11月、2月(連休前後を除く)の平日が狙い目です。

 

・美術館・博物館

時期や天候に左右されない美術館、博物館はシーズンを問わず行きやすい場所だと言えます。

ルーブル美術館などの世界的に有名な美術館は、世界中がバカンスシーズンとなる8月や休館日前後は混雑しますので避けた方が無難です。

繁忙期であっても、早朝に訪れると比較的ゆっくりと見ることができます。

繁忙期を避けてお得に海外旅行を楽しむ方法をご紹介してきましたが、カレンダー通りにしか休めないと言う方も多いかと思います。

そういった場合は、少しでも旅費を安くするために、格安チケットで行ける国で乗り換えをして目的地に向かう方法がおすすめです。

大型連休の際は、日本発着便は運賃が高めに設定されていますが、他国の発着便はその限りではありません。

手配は少々面倒ですが、それも旅の醍醐味と割り切きれば、お得に海外旅行を楽しむことができます。



カテゴリー選択: