私たちはあっと驚く旅、あったらいいなと思う旅、好奇心をくすぐる旅をプランニングし丁寧に正確に手配致します。

更新日:2014.06.27

旅行会社アルバイト学生の欧州旅行記 ~プルゼニュ(ピルゼン)編~

旅行会社アルバイト学生の欧州旅行記 ~プルゼニュ(ピルゼン)編~

ビールの聖地 ピルゼン

 ビール党の聖地への旅です。チェコのボヘミア地方に位置するピルゼンへは、プラハから直通電車に揺られること約1時間半で行くことができます。大都市とは言えない小さな町が、世界中からの観光客を引き寄せる理由は、今やグローバルブランドとなった「ピルスナー・ウルケル(Pilsner Urquell)」の醸造所の存在です。このビールは1842年から造られている歴史あるビールで、ピルスナーというビールの新たなジャンルを確立しました。日本でよく飲まれるビールはほとんどこのジャンルに属します(詳しい話は下記をご参照ください)。

 

 

そんな醸造所を見学することができます!チェコ語、英語、ドイツ語(事前予約をすればロシア語、フランス語、スペイン語、イタリア語も可)での解説付きで醸造所ツアーをした後に、無料テイスティングもできちゃいます。しかも、地下倉庫に貯蔵されているビールを巨大な樽から直接注いでくれます!醸造所見学の後は、同じ敷地内にあるレストランでチェコの伝統料理を楽しむことも出来ます。(すぎ)

 

ビールの名称の違い

 ビールはその醸造方法によって大きく3つに分けることができます。常温で比較的短期間で醸造するエールビール(製造過程で酵母が上に浮かび層を作るので上面発酵と言われます)、自然界の酵母を使って昔ながらの製法で造られる自然発酵、低温でじっくり長時間をかけて醸造するラガービール(エールとは違って酵母が下に沈殿するので下面発酵と言われます)の3種類です。

 

 

それぞれの種類ごとに、より細分化されたグループ分けができます。上面発酵の代表格は、パブなどで好んで飲まれるペールエールやベルギー原産のホワイトビール、自然発酵の代表格はベルビュークリーク等で有名なランビックビール、そして下面発酵の圧倒的なシェアを誇るジャンルがあの淡色のピルスナーという種類です。

 

 

ピルゼンで造られたビールを基礎にして造られることから、ピルスナーと呼ばれます。概して日本で好まれている、苦味が強めでキンキンに冷やして飲まれるビールのほとんどがこの種類に属するものです。実は日本のビールメーカーは、とっても多種多様なビールのほんの一部しかカバーしていないということになります。

 

写真①ピルスナー・ウルケルのロゴ。
写真②解説付きでの見学ツアー。
写真③地下の貯蔵庫。
写真④樽から直接注いでもらえます。
写真⑤同じ敷地内のレストラン。
写真⑥入口の門。

 

flexblog20140627prg1-1 flexblog20140627prg1-2 flexblog20140627prg1-3 flexblog20140627prg1-4 flexblog20140627prg1-5 flexblog20140627prg1-6

※写真はクリックで拡大

 

現地までの格安航空券

料金 有効期間 片道/
往復
■往復(帰国便変更不可):FIX
ご購入後は一切の変更ができない航空券です。
■往復(帰国便変更可):FIXOPEN
現地にて帰国便の変更が可能な航空券です。変更の際、手数料がかかる場合がございます。
■片道
日本発の片道のみの航空券です。目的地への入国の際、査証(ビザ)が必要となりますのでご注意ください。
出発地 タイトル 航空会社 訪問
都市
オプション
37,800 2日6ヶ月 FIXOPEN 羽田 *《羽田発着》★ 中国東方航空 ★ ヨーロッパ往復 6ヶ月FIXOPEN航空券 中国東方航空 2都市
  • 直行便
  • 子供料金
  • 時間帯
37,800 2日6ヶ月 FIXOPEN 成田 *《成田発着》★ 中国東方航空 ★ ヨーロッパ往復 6ヶ月FIXOPEN航空券 中国東方航空 2都市
  • 直行便
  • 子供料金
  • 時間帯
41,000 4日167日 FIXOPEN 成田 *【成田発着】欧州(2)往復航空券 アエロフロートロシア航空 2都市
  • 直行便
  • 子供料金
  • 時間帯

※上記航空券代のほかに日本出発空港施設使用料、現地空港税、燃油サーチャージ、航空保険料等が別途必要となります。





カテゴリー選択: