私たちはあっと驚く旅、あったらいいなと思う旅、好奇心をくすぐる旅をプランニングし丁寧に正確に手配致します。

更新日:2014.06.05

旅行会社アルバイト学生の欧州旅行記 ~ユングフラウヨッホ編~

旅行会社アルバイト学生の欧州旅行記 ~ユングフラウヨッホ編~

 ヨーロッパで最も標高の高い駅

 スイス旅行における最も人気の目的地の一つが、ユングフラウヨッホ―Top of Europe―です。ヨーロッパでもっとも標高の高い駅があることで有名です。その高さはなんと海抜3454m!そこを訪ねた人は季節を問わず、雪と岩壁に囲まれた世界を眺めることができます。駅からほど近くにあるスフィンクス展望台からその世界を見下ろすことができます。エレベーターで少しのぼり、展望台の標高は3571m。そこにあるのは、8月に訪れたという事実を忘れさせるような氷点下の空気、またその寒さを気にさせないほど圧巻の銀世界です。視界の前面に広がる氷河は22kmもの長さがあり、ユネスコ世界遺産にも登録されています。

 

 

そこから少し降りたところに「Ice Palace(氷の宮殿)」と呼ばれる洞窟のような空間があります。周りは氷で囲まれ、至るとこに氷像が置かれています。気分はまるであの「雪の女王」のお城に遊びに来たようです。映画でのお話のように雪山を歩いて頂上を目指すわけではなく、立派な登山鉄道があります。ユングフラウ鉄道です。線路の総距離は9,34km(7km以上はトンネル内)で高低差は1400mというとんでもない路線です。

 

成り立ち

 大企業家であり政治家でもあったAdolf Guyer-Zeller (アドルフ・ガイアー‐ツェラー)がその大がかりな建設作業の発端を作ります。ユングラウ地方をハイキングしていた彼は「そうだ、あそこまで鉄道を通そう。」と思い付きます。思い立ったが吉日、彼はその夜に線路の構想を地図上に書き写します。その4か月後に、そのプロジェクト構想を議会に提出し、その翌年には承認を得ます。1896年7月に建設が開始され、完了したのはなんと約15年後の1912年2月です。

 

 

ちなみに、これほど急な傾斜を登りきる為に車両と線路には特別な工夫がなされています。ラック式と呼ばれるもので、レールの中央にしかれた歯車と、車体の下に設置された歯車をかみ合わせます。これで、下に落ちないだけの十分な摩擦による制御と、急こう配を登る為の推進力を確保します。(すぎ)

 

写真①②スフィンクス展望台。残念ながら霧がたっていました。

 

flexblog20140605toe1-1 flexblog20140605toe1-2

※写真はクリックで拡大

 

現地までの格安航空券

料金 有効期間 片道/
往復
■往復(帰国便変更不可):FIX
ご購入後は一切の変更ができない航空券です。
■往復(帰国便変更可):FIXOPEN
現地にて帰国便の変更が可能な航空券です。変更の際、手数料がかかる場合がございます。
■片道
日本発の片道のみの航空券です。目的地への入国の際、査証(ビザ)が必要となりますのでご注意ください。
出発地 タイトル 航空会社 訪問
都市
オプション
53,000 4日167日 FIXOPEN 成田 *★アエロフロートロシア航空★ヨーロッパ/中近東/ロシア/CIS諸国方面【165泊167日以内FIXOPEN】 アエロフロートロシア航空 2都市
  • 直行便
  • 子供料金
  • 時間帯
60,000
116,000
4日1ヶ月 FIXOPEN 羽田 *★中国国際航空★ 欧州往復 2泊4日~1ヶ月FIXOPEN航空券 中国国際航空 1都市
  • 直行便
  • 子供料金
  • 時間帯
60,400 5日3ヶ月 FIX 成田 *【期間限定】★ タイ国際航空 ★ ヨーロッパ 3ヶ月以内FIX航空券 《成田発着》 タイ国際航空 3都市
  • 直行便
  • 子供料金
  • 時間帯

※上記航空券代のほかに日本出発空港施設使用料、現地空港税、燃油サーチャージ、航空保険料等が別途必要となります。





カテゴリー選択: