私たちはあっと驚く旅、あったらいいなと思う旅、好奇心をくすぐる旅をプランニングし丁寧に正確に手配致します。

更新日:2013.10.15

旅行会社社員の夏休み~レバノン・ヨルダン編~ 第1回

カテゴリー:中近東, 海外, 社員旅行記

旅行会社社員の夏休み~レバノン・ヨルダン編 第1回

中東はレバノンへ

 マルハバン。アラビア語の挨拶で、「ようこそ」という意味もあります。
今回私が訪れたのは中東2ヶ国、アラブ首長国連邦国営のエティハド航空を利用しました。アブダビでの乗り継ぎは比較的楽で、ターミナル3からターミナル1へも20~30分程度で移動ができます。

 

 

 最初の目的地はベイルート。レバノン共和国の首都です。中東でありながらヨーロッパのような街並が見られ、美しい山脈を持つレバノンは「中東のスイス」とも称されます。

 

 

いざ空港に着くと、視界には軍服姿の男、男、男。カメラなど絶対構えられないような雰囲気です。

※レバノンへの入国には査証が必要ですが、2013年10月現在、入国審査時に1ヶ月間有効な査証が無料で発給されます。(日本国籍の場合です。また、規定は予告なく変わる可能性もありますので、渡航前には、大使館等で必ず自ら確認されることをお勧めいたします。)

 

 

結果、難なく入国出来、空港から車で20分ほどのところにある市内へ。
車内に流れるアラブ音楽が、ここが中東であることをより強く感じさせるのでした。

今回拠点に選んだベイルートのハムラ地区には、カフェや物品店が連なり、欧米からの観光客で賑わいを見せています。(ちょっと路地裏にに入ると、全く違う様相を呈しますが…)

 

 

 このハムラ地区の沿岸部には、観光客だけでなく、地元の人たちも訪れる「鳩の岩」という奇岩があります。地中海に浮かぶ、大小2つの岩。一見なんてこともない(?)岩ですが、どこか心を落ち着かせてくれます。(まつ)

写真の左がアブダビ空港の中、隣は路地の樹木、右は「鳩の奇岩」

 

flexblog20131015bey1-1 flexblog20131015bey1-2 flexblog20131015bey1-3

 ※写真はクリックで拡大

 

航空券ルート

 東京→アブダビ→ベイルート

社員プロフィール

icon_4b_128・20代男性

・アラビア語を勉強中です

 

 

 

 

現地までの格安航空券

料金 有効期間 片道/
往復
■往復(帰国便変更不可):FIX
ご購入後は一切の変更ができない航空券です。
■往復(帰国便変更可):FIXOPEN
現地にて帰国便の変更が可能な航空券です。変更の際、手数料がかかる場合がございます。
■片道
日本発の片道のみの航空券です。目的地への入国の際、査証(ビザ)が必要となりますのでご注意ください。
出発地 タイトル 航空会社 訪問
都市
オプション
53,000 4日167日 FIXOPEN 成田 *★アエロフロートロシア航空★ヨーロッパ/中近東/ロシア/CIS諸国方面【165泊167日以内FIXOPEN】 アエロフロートロシア航空 2都市
  • 直行便
  • 子供料金
  • 時間帯
72,000
75,000
5日3ヶ月 FIX 成田 *★エティハド航空★テヘラン他 中近東往復航空券【3ヶ月以内FIX】 エティハド航空 3都市
  • 直行便
  • 子供料金
  • 時間帯
82,000
85,000
5日3ヶ月 FIX 成田 *★エティハド航空★カイロ他 中近東往復航空券【3ヶ月以内FIX】 エティハド航空 3都市
  • 直行便
  • 子供料金
  • 時間帯

※上記航空券代のほかに日本出発空港施設使用料、現地空港税、燃油サーチャージ、航空保険料等が別途必要となります。





カテゴリー選択: