私たちはあっと驚く旅、あったらいいなと思う旅、好奇心をくすぐる旅をプランニングし丁寧に正確に手配致します。

更新日:2016.03.03

「世界ダークツーリズム」 出版:洋泉社

20160303 つい先日、この本『ダークツーリズム(副題:人類の悲劇の歴史をたどる旅)』が洋泉社から出版された。当社のツアーアドバイザー大津司郎氏の薦めもあり、早速、購入した。

 
 普段は、このダークツーリズムの逆、言葉があるとしたら、レジャーツーリズム(Bright Tourism)?又は、世界遺産を訪れる旅など負ではない旅の企画・手配がほぼ9割以上を占める側に携わる者として、その逆とも言うべきダークツーリズムを知ることも又、それと対をなす、それこそ片面の部分を知ることは無駄にはならないと思いながら読んだ。

 

 

 古市憲寿さん始め、多彩な執筆陣の中に当社のツアーアドバイザー大津司郎氏のルワンダの大虐殺も1章が割かれていることもあり、又、写真と文章がほぼ半々の割合の為、比較的読みやすく、大虐殺の地、戦争とテロの傷痕、被災地の光と影、人種差別と貧困の記憶、4つに大別された23章も一気に読み切った。

 

 

 混沌の真っただ中にある現代であるからこそ、この本の前章に記されている、「人類の悲しみや死の歴史を学ぶことで、その記憶をつないでいく観光のかたち—-、われわれ人間が悲しい愚行を繰り返さないために、現地を訪れ、追体験することは、悲劇の歴史をより深く知るきっかけとなるだろう。」その通りと頷き納得するのみだ。(かみ)



カテゴリー選択: